ポケットWi-Fiの基礎知識

格安SIMでポケットWi-FiのWiMAXを使う際のメリットとデメリット。

WiMAXのWi-Fiルーターはネットが使い放題なので、使っているとスマホのデータ定額プランが必要ないように思えてきます。

スマホを格安SIMにして、メインのネット回線をWiMAXすれば月々の通信料金が節約できるのではないかと思いますよね。

WiMAXのプロバイダの本家であるUQ WiMAXも、Wi-Fiルーター以外に格安SIMのサービスも提供しています。

WiMAXと格安SIMを同じ会社にすると、何かお得な特典があるように見えるでしょう。

しかし、意外なところに落とし穴が隠れているので注意が必要です。

そこで、ここでは格安SIMとポケットWi-FiのWiMAXを併せて使うメリットとデメリットを詳しく解説します。

WiMAXを使っている人だけでなく、キャリアから格安SIMへの乗り換えを考えている人も参考になる内容なので、是非読んでみてくださいね。

格安SIMとは

格安SIMという言葉を聞くことは多くなりましたが、具体的なサービス内容を知らない人は多いのではないでしょうか?

格安SIMはドコモやauなどから回線を借りて、大手キャリアより安い料金でサービスを提供しているサービスを指します。

音声通話付きプランかデータ通信のみプランのどちらかを選択できる

ドコモやauなどの大手キャリアのスマホ用回線は、必ず音声通話機能が付いていました。

格安SIMサービスの多くは、

  • 音声通話付きプラン
  • データ通信専用プラン

のどちらかが選べます。

データ通信専用プランは、音声通話ができない分料金が低くなっています

電話番号を利用した通話をしない人は、データ通信専用プランを選べばスマホ代が節約できるわけですね。

また、LINEの通話機能は音声通話回線ではなくネット回線を使うので、データ通信専用プランあれば利用できます。

音声通話の代わりにLINE通話を利用している人も、データ通信専用プランは魅力的なサービスと言えるでしょう。

(注:アカウント登録の際にSMS認証が必要なので、SMSが使えるデータ通信専用プランの契約が必要です)。

格安SIMとWiMAXのポケットWi-Fiを併せて使うメリット

格安SIMには大手キャリアにはないメリットが隠れています。

メリットを見ると、格安SIMが大手キャリアよりお得度が高いことがわかるでしょう。。

大手キャリアよりスマホ代が安くなる

格安SIMを使ううえで最も大きいメリットは、大手キャリアより月額料金が安いことでしょう。

大手キャリアはデータ量が小さいプランを選んでも、月額料金が5,000円前後です。

格安SIMは1,000円代からスマホが利用できるので、ネットをWiMAXだけで使っている人には嬉しい設定と言えるでしょう。

料金は安くても使う回線は大手キャリアと同じ

格安SIMは、毎月のスマホ代をクレジットカードでしか支払えない事業者がとても多いです。

しかし、UQ mobileはスマホ代を口座からの引き落とすことができます

クレジットカード支払いしか選べないことは人によっては大きなハードルでしたが、UQ mobileはそのハードルがない点が嬉しいメリットと言えますね。

大手キャリアで使っているスマホをそのまま利用できる

格安SIMは条件を満たしていれば、現在利用しているスマホを引き続き使うことができます

ただ、条件を満たしていない場合はデメリットになります。

条件については場合は、後ほどデメリットの項目で詳しく解説します。

格安SIMをWiMAXで使うデメリット

格安SIMは料金面で大手キャリアより優れているメリットがありますが、大手キャリアより劣ってしまう点もあります。

大手キャリアのようなショップがない

UQ mobileに限らず、格安SIMには大手キャリアのようなショップがありません

よって、何か不明点やトラブルがあった場合は事業者の電話窓口へ問い合わせる必要があります。

大手キャリア購入した端末はSIMロック解除が必要なことがある

ドコモ回線を使う格安SIMサービスは、ドコモで購入したスマホをそのまま続けて使うことができます。

しかし、auやソフトバンクで購入したスマホをドコモ回線を利用する格安SIMサービスで使うには、端末に施されているSIMロックを解除しなければいけません

端末に施されているSIMロックとは、スマホを購入したキャリアの回線しか利用できない規制のことです。

SIMロックの解除は

  • キャリアの会員用ページ
  • ショップ

で行えます。

しかし以下の条件を満たしている必要があるため、

  1. 2015年5月以降に販売された端末であること。
  2. 機種を購入した日から100日以上が経過していること。

全ての端末で行えるわけではありません。

大手キャリアに比べると通信速度が劣る

格安SIMはドコモやauなど大手キャリアの回線を格安で使えるサービスですが、実効速度は大手キャリアに比べると大きく劣ってしまいます。

大手キャリアのLTE回線は速いときで140Mbps程度の実効速度が出ます。

格安SIMは事業者によって通信速度が違いますが、大手キャリアほどの速度が出ないところがほとんどです。

回線が混雑する時間帯になると、ネットがほとんど使い物にならない格安SIMもあるので注意しなければいけません。

しかし、ネット通信をWiMAXのWi-Fiルーターで行うのであれば、そこまで問題視する必要はないでしょう。

格安SIMとポケットWi-FiのWiMAXを併せて使う際の注意点

格安SIMを使う前に注意したい点は以下の2つです。

1GBより低いデータプランがあるか?

ポケットWi-Fiを持つということは、スマホの料金プランのデータ量が必要ないことを意味します。

しかし、大手キャリアから格安SIMに乗り換えても、スマホのデータ通信機能は必ず付いてきます

ただ、格安SIMは1GBよりも低いデータ量のプランを用意する事業者があります。

ポケットWi-Fiを持てばスマホのネット回線がほぼ必要ないので、1GB以下のプランがある事業者を選んだほうがいいでしょう。

契約するSIMカードの種類

事前にスマホを用意して格安SIMの回線のみを契約する場合、SIMカードの種類選びに注意が必要です。

SIMカードには

  • microSIM
  • nanoSIM

の2種類があり、利用する端末によって対応しているSIMカードが違います

SIMカードの種類を間違えてしまうと、再度対応のSIMカードを発行し直さなければいけません。

契約してからSIMカードが使えないというトラブルが起きないようにしましょう。

UQ WiMAXは格安SIMサービスも展開している

WiMAXのプロバイダの中で本家と言われるUQ Communicationsは「UQ mobile」というサービス名で格安SIMサービスも展開しています。

格安SIMサービスの多くはドコモの回線を提供していますが、UQ mobileはauの回線を利用する数少ない格安SIMです。

UQ mobile 料金プラン一覧

プランプランSプランMプランL
月額料金1年間1,980円2,980円4,980円
14ヶ月目以降2,980円3,980円5,980円
データ容量2年間2GB6GB14GB
26ヶ月目以降1GB3GB7GB

格安SIMの中では通信速度が速い

格安SIMは大手キャリアのLTE回線を使いますが、料金が安い代わりに回線の実効速度が遅い欠点があります。

事業者によっては動画の視聴はおろか、ウェブサイトの閲覧もできないほど速度が遅いという口コミは少なくありません。

UQ mobileは格安SIMの中では実効速度がかなり安定しており、複数の格安SIMサービスを使ってきた人からも好評を得ています。

料金が安いかつ通信速度が安定したい人には、UQ mobileがおすすめと言えるでしょう

WiMAXと併用してもセット割引がない

格安SIMサービスは対象の光回線サービスも契約するとセット割引が適用されます。

しかし、UQ mobileはWiMAXを持っていても割引特典などが適用されません

他の格安SIMと比べて料金が高め

後ほど他のサービスとの料金比較で解説しますが、UQ mobileは格安SIMの中では料金が高めの部類です。

料金が高い代わりに通信速度が速いとも言えますが、とにかく料金の安さにこだわりたい人にはUQ mobileはおすすめできません。

選択できるデータ定額の種類が少ない

格安SIMサービスの多くは、データ定額プランの種類の選択肢がいくつも用意されています。

しかし、UQ mobileは選択できるプランが多くありません。

また、他の格安SIMには500MBの小容量プランがありますが、UQ mobileは2GBのデータ量を持つSプランが最も安いプランになっています。

データ量が無制限の代わりに速度が500kbpsになる「データ無制限プラン」はWiMAXを持っていればお得になりそうに見えますが、月額料金が2,680円と逆に高くなってしまいます。

WiMAXを使う人にとってスマホ回線のデータ容量はほとんど必要ないので、UQ mobileはお得度を感じることができません。

他の格安SIMと料金を比較

人気が高い格安SIMサービス4社を比較してみましょう。

事業者UQ mobileY!mobilemineoBIGLOBE SIM
利用回線auソフトバンクドコモとauのどちらかを選択ドコモ
月額料金 1,980円~(音声通話付き)1,980円~(音声通話付き)データのみ:700円~
音声通話付き:1,310円~
データのみ:900円~
SMS付きデータ専用:1,020円~
音声通話付き:1,400円~
セット割引
備考  500MBプランから選択可能音声通話付きプランは1GBから、データ通信専用プランは3GBから選択可能

料金の安さやプランの選択肢は他の格安SIMに比べると、UQ mobileは見劣りしてしまいます。

Y!mobileは固定回線をソフトバンク光にBIGLOBE SIMは固定回線をビッグローブ光にすればセット割引が適用されます。

しかし、UQ mobileはWiMAXを持っていても料金は安くなりません。

他の格安SIMサービスはUQ mobileに比べて通信速度が遅いですが、WiMAXを使っているのであればそこまで問題にはなりません。

UQ mobileはWiMAXを持っていない人が、安い料金で安定したネット通信を利用したい人に向いているサービスと言えるでしょう。

まとめ

UQ mobileは大手キャリアに比べると、安い料金でスマホを使うことができます。

また、格安SIMの中でも通信速度の評価が高いので安心して利用できるでしょう。

しかし、他の格安SIMと比べると料金が高く、WiMAXを持っていてもセット割引を受けることができません。

UQ mobileは他の格安SIMよりも通信速度が優れています。

しかし、WiMAXを持っていればUQ mobileよりも速い速度でネットが利用できるので、そこまでUQ mobileを選ぶ必要性をそこまで感じません。

WiMAXを持っていれば、他の格安SIMを選んだほうが料金は安くなるでしょう。

ただ、スマホの通信速度もこだわり人はUQ mobileがおすすめできます。

WiMAXのプロバイダ選びで総額3万円の差が出た

WiMAXは基本的にどれもエリア、通信速度などは変わりませんが、選ぶプロバイダによって大きく料金が変わってきます。

管理人の私も総額3万円以上、支払い金額を安くすることに成功。その経験を元に有名WiMAXプロバイダを徹底解剖し、本当にお得なプロバイダを比較しました!

WiMAXのプロバイダ選びに悩んだ際は、ぜひチェックしてみてください。

【2019年】WiMAXプロバイダ総合ランキング

WiMAXを目的別で契約するなら

-ポケットWi-Fiの基礎知識

Copyright© WiMAX比較隊!初心者にもおすすめのプロバイダランキング , 2020 All Rights Reserved.