いろいろ比較

おすすめの民泊Wi-Fiサービス5つをガチ比較!ランキング形式で紹介しています

おすすめの民泊Wi-Fiサービス5つをガチ比較!ランキング形式で紹介しています

日本へ訪れる外国人観光客が毎年増える中、新たな宿泊スタイルとして注目を浴びる民泊。

個人の家を貸し出す民泊は、気軽にその土地の文化を学ぶことができ、ホテルよりも安上がりするという面でも人気を浴びています。

日本では、様々な人が民泊のホスト側として外国人を受け入れ始めており、民泊を始めてみたいと思っている方もいるのではないでしょうか。

ただ、そんな人気の民泊でも違う意味で注目が集めているのが「民泊Wi-Fi」です。

この記事では、民泊を始める上で重要なポイントであるおすすめの民泊Wi-Fiサービスを比較して紹介しております。

民泊におすすめのWi-Fiは?

できるだけお得な民泊Wi-Fi?

個人でも利用できるの?

など、この記事を見ればどんな民泊Wi-Fiがお得なのかわかるはずですよ。

民泊Wi-Fiを選ぶ際の3つのポイント

民泊Wi-Fiを選ぶ際の3つのポイント

それではここからは民泊向けのWi-Fiを選ぶ際のポイントを紹介していきます。

民泊Wi-Fiを選ぶ際には

  • 価格はリーズナブルかどうか?
  • 複数のキャリアや通信速度はどうか?
  • 言語サポートはしっかりとしているか?

上記の3つを重点に置いて選ぶのがおすすめです。

基本的に民泊Wi-Fi向けのサービスでは、どのサービスも下記の3つはすべて同じです。

  • 継続縛りなし
  • *通信制限なし
  • 端末代ゼロ

注意ポイント

キャリア判断により制限が掛かる場合がある。

ですので、これらのポイントはそこまで重視しなくても問題ありません。

価格はリーズナブルかかどうか

民泊Wi-Fiを選ぶ上で最も大切なのかこの価格です。

いくら継続縛りや端末代がゼロといっても月額料金が高くては意味がありません。

また、価格といっても

  • 月額料金以外にも別途事務手数料がかかる
  • 端末が故障した際には無料で交換してくれる
  • クレジットカード以外の支払い方法もある

といったサービスもあるので、月額料金だけではなくこのあたりも含めて比較するようにしましょう。

また、民泊Wi-Fiでも個人でも借りることができる民泊Wi-Fiもあります

通常のポケットWi-Fiと契約するよりも格安で利用できるので、個人利用も考えているなら個人利用がOKなサービスを選ぶようにしてくださいね。

複数のキャリアに対応していて通信速度はどうか

民泊向けのWi-Fiで多いのはキャリアの「ソフトバンク」のポケットWi-Fiを利用しているのがほとんどです。

ただ、以前にソフトバンクでは通信障害があり半日ほど使えないといったトラブルがありました。(最悪でした)

それを考えると、1つのキャリアにしか対応していない民泊Wi-Fiではなく複数のキャリアに対応している民泊Wi-Fiサービスを選んだが方が安心できますよね。

民泊Wi-Fiのサービスでは、ソフトバンク以外にもWiMAXなどに対応しているルーターを貸し出してくれるサービスもありますから。

それに、地方ではどちらかの電波が入りづらいということも考えられます。

その時に複数のキャリアから選ぶことができれば、電波の問題も解決することができますよね?

ですので、電波に不安がある方や仕事で毎日ネットを使用するという方は複数のキャリアに対応している民泊Wi-Fiを選ぶようにしましょう。

通信速度が早いもの

また、民泊Wi-Fiサービスでは、それぞれキャリアのルーター(ポケットWi-Fi)を提供していますが、機種によってはスピードがそこまで早くない機種を提供しているサービスもあります。

個人だけで利用するのであれば、通信速度の下りは最大で100Mbps以上あれば問題はありませんが、動画を見たり仕事でがっつりネットを利用するなら通信速度は早いことに越したことはありません

同じキャリアでも速度が違う機種を利用している場合があるので、どれくらいの速度がでるルーター(ポケットWi-Fi)を使用しているかも確認しましょう。

言語サポートはしっかりとしているものを選ぶ

日本人である私達が個人だけでポケットWi-Fiを利用するのであれば、この「言語サポート」はほとんど必要ないかもしれません。

しかし、民泊は多くの外国の方が活用するので実の言語サポートをしているかしてないかはとても重要なポイントの1つなのです

民泊用Wi-Fiを提供している各サービスの中には、日本語や英語以外にも中国語、韓国語、ベトナム語などに対応している民泊Wi-Fiもあります。

なので、民泊を運営してる方で民泊Wi-Fiを選ぶ際は、どこの国の言語をサポートしているかを確認するようにしましょう。

民泊Wi-Fiを選ぶポイント注意点まとめ

ここまで一度まとめます。

民泊Wi-Fiサービスを選ぶポイントや注意点をまとめると

  • 月額料金がリーズナブルなほうが良い
  • 事務手数料はできればない方がいい
  • WiMAXやSoftBankなど複数キャリアのルーターを提供している
  • 通信速度が早いルーターを使用している
  • 言語サポートを提供している

上記の点でしたね。

この中で最も大切なのは、価格と複数キャリアになります。

あとは、サポートの内容とかで決めるのがいいかなと。

以下に上記のポイントを比較した項目を載せておくのでチェックしてみてください。

人気のの民泊Wi-Fiはどれがいい?5つを比較した結果

人気のの民泊Wi-Fiはどれがいい?5つを比較した結果

現在民泊向けのWi-Fiとして人気があるサービスが下記の5つ。

  • SPACE Wi-Fi
  • famifi
  • 民泊WiFi(JP MOBILE)
  • アットホストWi-Fi
  • 民泊レンタルWi-Fi

そして、先程紹介したポイントで比較した表がこちらです。

SPACE Wi-Fifamifi民泊WiFi(JP MOBILE)アットホストWi-Fi民泊レンタルWi-Fi
価格3,480円2,480円(最大2ヶ月)
3,980円(2ヶ月以降)
3,480円3,980円4,500円
事務手数料一切なし契約時3,000円
解約時5,000円
契約時4,000円
解約時3,000円
契約時3,000円
解約時4,000円
契約時4,500円
支払い方法クレジットカード
口座振替
クレジットカードクレジットカードクレジットカードクレジットカード(PayPal)
請求書払い(NP後払いかPaid(法人限定))
キャリアWiMAX
SoftBank
国内複数キャリアSoftBank国内キャリアSoftBank
最大通信速度(下り)WiMAX(440Mpbs
SoftBank(300Mbps)
440Mpbs187.5Mpbs不明165Mbps
言語サポート英語・中国語・日本語英語・中国語・韓国語・日本語英語・中国語・ベトナム語・日本語英語・中国語・韓国語・日本語不明
自然故障補償通常:40,000円
月額サポート:10,000円(月500円)
月額サポート:無料(月500円)無料無料月額料金内(980円)
個人利用可能可能可能不明可能
1年間利用で解約時の総額41,760円52,760円48,760円54,760円54,000円

※はみ出している場合は横にスクロールできます。

民泊Wi-Fiといっても各民泊Wi-Fiのサービスによってこれだけの差があります。

これらを踏まえた上で特におすすめの民泊Wi-Fiをランキングにしてみました。

民泊Wi-Fiおすすめランキング

SPACE Wi-Fi

SPACE Wi-Fiの口コミ評判が悪い?気になるデメリットや解約方法

項目概要
月額料金3,480円
キャリアWiMAX
SoftBank
言語サポート英語・中国語・日本語
個人利用可能
評価

SPACE Wi-Fiの特徴

民泊用Wi-Fiの中でもトップクラスの人気を誇るブランドが「SPACE Wi-Fi」。

あまりにも人気なブランド故に、ホストまでの発送が遅れてしまっている状況になることも。

運営会社はスペースエージェントであり、民泊に関する不動産や保険を提供している大手の会社です。

日本における民泊のスペシャリストが集まる会社とも言えるでしょう。

SPACE Wi-Fiの魅力は、なんといっても値段の安さです。

SPACE Wi-Fiでは、月額料金3,480円だけでレンタルすることが可能でその他の手数料や初回手数料は一切かかりません

そのため、格安で民泊を始めたいホストや、日本へ訪れる外国人を安く宿泊させたいホストにはおすすめの民泊用Wi-Fiです。

また、キャリアもWiMAXとSoftBankの2つに対応しているので、電波が入りづらいという方にもおすすめできる民泊Wi-Fiです。

ポイント

支払い方法も口座振替が使えるのでクレジットカードがなくても利用することができますよ!

SPACE Wi-Fiの公式ページへ

詳細記事はこちら

famifi

項目概要
月額料金2,480円(最大2ヶ月)
3,980円(2ヶ月以降)
キャリア国内複数キャリア
言語サポート英語・中国語・韓国語・日本語
個人利用可能
評価

famifiの特徴

famifiはSPACE Wi-Fiや民泊WiFiと並ぶ定番のブランドであり、料金の安さや通信の速さなどは業界の中ではトップクラス。

運営会社はファミリアリンクで、スペースエージェント同様、民泊事業を支える業務を行っています。

famifiの一番の特徴は他の民泊Wi-Fiではほとんどが一定の料金なのに対して、2ヶ月間は2,480円で試すことができるという初回特典があることです。

これは他にはない特典です。

それ以外にも英語と日本語、中国語や韓国語といった多言語対応のサポートセンターや保証プランがワンコインで加入できるなどのサービスも充実。

発送に関しては、土日祝日は行っていませんが、平日の場合は早くて翌日に手元に到着します。

また、キャリアもWiMAXから大手有名キャリアのルーターを使用していて、最大通信速度が下りで440Mbpsと早いので動画などをサクサクみたい方にもおすすめです。

ポイント

様々なサービスを兼ね備えているため、実際に使いつつ、民泊用Wi-Fiの使い方を学ぶことが可能すよ!

famifiの公式ページへ

民泊WiFi(JP MOBILE)

項目概要
月額料金3,480円
キャリアSoftBank
言語サポート英語・中国語・ベトナム語・日本語
個人利用可能
評価

民泊WiFi(JP MOBILE)の特徴

民泊WiFi(JP MOBILE)の運営会社は日本を訪れる外国人向けの事業を展開するジェイピーモバイルとなっています。

民泊WiFi(JP MOBILE)の一番の注目するポイントとして、レンタルした側に対するサポートが非常に手厚いこと。

例えば、4ヶ国語に対応できるカスタマーサポートが常に対応してくれます。

今後、民泊を運営する中で、宿泊している外国人からWi-Fiに関して何か言われることがあるかもしれません。

もしもこの際に、何を言っているのか分からない場合は非常に困りますよね。

その際に役立つのが民泊WiFi(JP MOBILE)のカスタマーサポートなわけです。

日本語や英語はもちろん、ベトナム語、中国語にまで対応可能

外国人にとっても、自分の話しやすい言語で対応してもらえるため、非常に助かります。

また、もうひとつの魅力として、故障した際に無料でルーターを交換できることです。

人為的破損は除きますが、万が一故障して使えなくなった場合に新たなルーターを交換してもらうことが可能です!

ポイント

民泊用のレンタルWi-Fi業界では珍しく、土日祝日でも対応してもらえるため、すぐに交換できますよ!

民泊WiFi(JP MOBILE)の公式ページへ

アットホストWi-Fi

項目概要
月額料金3,980円
キャリア国内キャリア
言語サポート英語・中国語・韓国語・日本語
個人利用不明
評価

アットホストWi-Fiの特徴

アットホストWi-Fiは、2017年にスタートした民泊用Wi-Fiサービス。

運営は、民泊をメインにインバウンド向けのサービスを展開するベンチャー企業のSOZONEXTが行っています。

アットホストWi-Fiの魅力は国内の様々はキャリアのルーターを提供していること。

他社の民泊用Wi-Fiでは通信キャリアとしてSoftBankを利用しているケースが多くです。

しかし、2018年に発生した大規模な通信障害によって、利用者の多くが非常に不便な思いを感じることになりました。

アットホストWi-Fiでは複数のキャリアを利用しているため、そのような影響は少ないのです。

現在の高速通信規格である4Gを使っているため、スピーディーなインターネット環境を宿泊者に提供することができますよ。

ポイント

ただ、個人利用はおそらくできないので本当に民泊向けのサービスです。

アットホストWi-Fiの公式ページへ

民泊レンタルWi-Fi

民泊レンタルWi-Fiの特徴

民泊レンタルWi-Fiは、料金においては他社と比べて高く設定されています。

しかし、その分「民泊レンタルWi-Fi」独自のシステムを採用。

その影響もあって、民泊サイトとして世界的に人気である「自在客」から民泊用Wi-Fiとして公認されるほど、人気と実績を持っています

また、運営会社は宿泊事業者向けのサービスを展開するLucciが行っています。

民泊レンタルWi-Fiの魅力としては、Wi-Fi Managerというシステムをルーターに導入していること。

Wi-Fi Managerとは、毎日どのくらいの通信量があったのかをグラフで表示してくれるシステムのことです。

このおかげで、ホスト側は気軽に日々の通信量を把握することが可能。

しっかりと通信量における管理ができることで、レンタルWi-Fiの取扱をしやすくなりますよ。

ポイント

ただ、やはり金額は他に比べると高くなってしまうので、サポートや上記のようなツールがほしい方向けです。

アットホストWi-Fiの公式ページへ

5つの民泊用Wi-Fiをおさらい

5つの民泊用Wi-Fiをおさらい

次に今回紹介した5つをおさらいします。

SPACE Wi-Fiはこんなサービス

スペースエージェントが運営する「SPACE Wi-Fi」は民泊用Wi-Fiの中で非常に人気。

月額レンタル料金だけというシンプルな料金スタイルといつでも解約することが可能という2大柱が「SPACE Wi-Fi」の人気を支えています。

famifiはこんなサービス

ファミリアリンクが運営する「famifi」はこれまでの民泊用Wi-Fiをいいとこ取りしたブランド。

独自のサービスはないものの、民泊用Wi-Fiの良い点を最大限詰め込んでおり、特に最大2ヶ月間は2,480円で利用できるのは他にはないサービスです。

民泊WiFi(JP MOBILE)はこんなサービス

ジェイビーモバイルが運営する民泊WiFi(JP MOBILE)は手厚いサポートが特徴。

土日祝日でも対応可能であり、急なアクシデントでも問題ありません。

また、多言語対応サポートにおいては珍しいベトナム語をカバー。ベトナムからの観光客には非常に助かりますね。

アットホストWi-Fiはこんなサービス

SOZONEXTが運営する「アットホストWi-Fi」は今回紹介した中ではまだマイナーなブランド。

しかし、複数キャリアによる高速通信の実現など、新規顧客獲得のために積極的に展開しています。

民泊レンタルWi-Fiはこんなサービス

Lucciが運営する民泊レンタルWi-Fiは大手民泊サイトにも認められた民泊用Wi-Fi。

Wi-Fi Managerの導入や14接続可能なルーターなど、業界の中でも独自の方法で注目を浴びています。

民泊でWi-Fiが必須の理由は?

日本のWi-Fiは海外と比べて、まだまだ発展途上。

大手チェーンのカフェやホテルでは無料で使えるWi-Fiが設置されていますが、それ以外のスポットではまだ見かけません。

海外の場合は、Wi-Fiの設置が当たり前となってきており、町中はもちろん、田舎でもどこか一つはフリーWi-Fiを見つけることができる状況です。

そのため、日本へ訪れる外国人の中には、日本でも当たり前のようにフリーWi-Fiがあるだろうと思いこんで、やってくる方もいます

そういった中において、民泊でのWi-Fiは非常に重要なものとなってきます。

フリーWi-Fiを設置しておくことで、気軽に宿泊者がインターネットを利用することが可能

特にビジネスで訪れた方にとっては、何不自由なく仕事ができるため、非常にありがたいことでしょう。

もし、Wi-Fiを設置していなかった場合は、多くの宿泊者が不便に感じます。

民泊の中でも、Wi-Fiの設置は当たり前となってきているため、今後リピートしてくれることもなくなってしまうかもしれません。

もし、民泊を続けていきたいと考えているのならば、Wi-Fiは絶対必須のアイテムですよ。

民泊用Wi-Fiは個人でも利用できる?

民泊用Wi-Fiは民泊を行う方だけしか利用できないと思うかもしれませんが、それは間違いです。

多くの民泊用Wi-Fiにおいて個人でも利用することができます。(一部)

もちろん、その際に別途、料金が追加に発生することはありませんし、値段の面においては民泊用Wi-Fiの方が一歩有利です。

契約しばりがないのですぐに解約可能

また、ほとんどの民泊用Wi-Fiの場合、契約年数の縛りがありません。

ポケットWi-Fiの場合は2~4年の契約が絶対条件のケースが多いですからね。

お試しとしてWi-Fiを借りたい方や、短期間だけ利用したい方には民泊用Wi-Fiは非常におすすめですよ。

通信制限の制限は基本はないがブランドによっては多少ある

通信制限の制限は基本はないがブランドによっては多少ある

ただし、民泊用Wi-FiもポケットWi-Fiにもデメリットがあります。

個人に限らず、Wi-Fiをレンタルする上での共通のデメリットですが、通信制限がブランドによって設けられているということ。

そのため、通信量を使いすぎると、急に速度が落ちてしまうことも。

公式サイトでは通信量無制限と謳っている場合が多いですが、きちんと但し書きがかかれているため、チェックしておきましょう。

民泊用Wi-Fiの中には、通信制限がかかった場合に代替品と交換してもらえるブランドもありますよ。

理想の民泊用Wi-Fiを見つけるには?

民泊用Wi-Fiはこれから民泊を始めたいホストからポケットWi-Fiのように使いたい個人まで幅広く利用することが可能です。

しかし、その裏には通信量無制限と思わせつつ、通信制限が設けられているなど、気をつけなければいけない場合も。

これから民泊用Wi-Fiを探す方は、まずはしっかりと情報を収集・比較を行って、自分にぴったりな民泊用Wi-Fiをレンタルしましょう。

理想の民泊用Wi-Fiを見つけることで、インターネット環境を大きく変えることができますよ。

WiMAXのプロバイダ選びで総額3万円の差が出た

WiMAXは基本的にどれもエリア、通信速度などは変わりませんが、選ぶプロバイダによって大きく料金が変わってきます。

管理人の私も総額3万円以上、支払い金額を安くすることに成功。その経験を元に有名WiMAXプロバイダを徹底解剖し、本当にお得なプロバイダを比較しました!

WiMAXのプロバイダ選びに悩んだ際は、ぜひチェックしてみてください。

【2019年】WiMAXプロバイダ総合ランキング

WiMAXを目的別で契約するなら

-いろいろ比較

Copyright© WiMAX比較隊!初心者にもおすすめのプロバイダランキング , 2020 All Rights Reserved.