WiMAX プロバイダ一覧

PCボンバーでWiMAXを契約しない方がいい理由。料金や特徴について

WiMAXの申し込み窓口にはキャッシュバックや割引といった特典を受けられるところだけでなく、家電製品を格安価格で販売してくれるところもあります。

PCボンバーもその1つで、窓口でWiMAXを契約すればセット購入する家電製品の値段を大幅に安くしてくれます。

しかし、有料オプションの加入が必須になるので、他のプロバイダよりお得というわけではありません。

ここでは、PCボンバーでWiMAXを契約するメリットとデメリットについて解説します。

WiMAXを申し込む窓口選びで悩んでいる人は、参考にしてくださいね。

PCボンバーとは

PCボンバーとは、オンラインであらゆる家電製品を販売している通販サイトです。

名前の通りパソコンやタブレットなどがメインの商品にしていますが、電子レンジや冷蔵庫といった生活家電も販売しています。

PCボンバーでWiMAXを契約するメリット

PCボンバーでWiMAXを契約すると、

  • 特別価格で家電製品をセット購入できる
  • WiMAXルーターを1円で購入できる
  • auユーザーじゃなくてもLTEオプションが無料

この3つのメリットを受けることができます。

特別価格で家電製品をセット購入できる

PCボンバーでWiMAXを契約すれば、PCボンバーが販売している家電を特別価格で購入することができます。

家電製品が割引される値段は50,001円となっていて、どのような商品も割引対象になっています。

家電製品の購入や買い換えも考えている人であれば、PCボンバーは魅力的な申し込み窓口と言えるでしょう。

WiMAXルーターを1円で購入できる

WiMAXを本家プロバイダのUQ WiMAXで契約すると、Wi-Fiルーターの購入代金として3,000円ほどの費用が必要になります。

PCボンバーではWiMAXのルーターを1円で販売しているので、初期費用は事務手数料の3,0000円しか発生しません。

初期費用を節約したい人にとっても、PCボンバーはおすすめの申し込み窓口だと言えます。

auユーザーじゃなくてもLTEオプションが無料

WiMAXはLTEオプションを使うことがau 4G LTE回線でネットに接続することができますが、契約期間が2年のプロバイダではauユーザーでない限り1,005円の利用料金が必要になります。

auユーザーでない人がLTEオプションを無料で使うには、契約期間が3年のプロバイダを選ばなければいけません。

PCボンバーのWiMAXなら契約期間が3年なので、auユーザーじゃない人でもLTEオプションを無料で使うことができます。

PCボンバーでWiMAXを契約するデメリット

PCボンバーのWiMAXは、メリットよりもデメリットほうが多く存在しています。

そのデメリットとは、

  • 月額料金が高くなる
  • 家電製品のセット購入が必死
  • 購入できる端末の選択肢が少ない
  • ギガ放題プランしか選択できない
  • 違約金が高い

この5つです。

月額料金が高くなる

PCボンバーのWiMAXは「まとめてプラン1670」というオプションに必ず加入しなければいけないので、月額料金がどのプロバイダよりも高くなってしまいます。

「まとめてプラン1670」の加入が必要になるのは、1つの理由があるからです。

家電製品のセット購入が必須

「まとめてプラン1670」に加入しなければいけない理由は、家電製品のセット購入が必須だからです。

セット購入する家電製品の代金は50,001円割引されますが、その代わりに「まとめてプラン1670」への加入が条件になっています。

購入できる端末の選択肢が少ない

PCボンバーは2018年2月の時点で、

  • Speed Wi-Fi NEXT W04
  • Speed Wi-Fi NEXT WX03

この2種類しか購入することができません。

Speed Wi-Fi NEXT W05といった最新機種は販売されていないので、

WiMAX2+最速?Speed Wi-Fi NEXT W05のスペックを徹底解説!

 

端末の性能にこだわりたい人は他のプロバイダを選んだほうがいいでしょう。

ギガ放題プランしか選択できない

WiMAXを契約するときは、

  • 使い放題のギガ放題プラン
  • 毎月7GBまで利用できるライトプラン

この2種類があります。

しかし、PCボンバーではギガ放題プランしか選ぶことができません。

ライトプランでWiMAXを活用したい人は、他のプロバイダを選んだほうが無難です。

【2018年版】WiMAXプロバイダおすすめランキング!本当にお得なのはこの5つ!

 違約金が高い

PCボンバーで契約したWiMAXを解約する場合、利用を開始してから3年以内だと他のプロバイダよりも高い違約金を請求されてしまいます。

PCボンバーでは、WiMAXと「まとめてプラン1670」の違約金が請求されるからです。

「まとめてプラン1670」の違約金はとても高額なので、PCボンバーでWiMAXを契約するときは最低でも初回の更新月まで利用することを考えなければいけません。

WiMAXとWiMAX2+の解約に関する4つの基礎知識。解約金・違約金は?

 

PCボンバーでWiMAXを契約したときの料金

PCボンバーのWiMAXは、あらゆる料金が他のプロバイダよりも高くなっています。

どれだけ料金が高いのか見てみましょう。

月額料金

PCボンバーではギガ放題プランしか選ぶことができないうえに、UQ WiMAXよりも月額料金が高くなっています。

UQ WiMAXを契約する場合、ギガ放題プランの月額料金は4,380円

PCボンバーで契約する場合、月額料金は2ヶ月目までが5,243円3~36ヶ月目は5,927円になります。

PCボンバーのWiMAX月額料金

利用期間1~2ヶ月目3~36ヶ月目37ヶ月目以降
1~3年目5,243円5,927円4,380円

契約してから3年間は「まとめてプラン1670」の月額1,547円が必要になるので、利用料金が高くなってしまうわけですね。

初期費用は3,001円

PCボンバーはWi-Fiルーターを1円で販売しているので、初期費用は事務手数料と合わせて3,001円になります。

Wi-Fiルーターが1円で販売されている点は魅力的ですが、他のプロバイダには0円で販売している事業者が多いので、大きな評価ポイントとは言えません。

違約金は1年以内はすごく高い

PCボンバーのWiMAXを解約するときは、WiMAXだけでなく「まとめてプラン1670」の契約解除料金も発生します。

そのため、他のプロバイダと比べて違約金の金額はどうしても高くなってしまいます。

PCボンバー WiMAX 契約解除料金

利用期間違約金
1年目19,000円
2年目14,000円
3年目以降9,500円

まとめてプランの契約解除料金

購入月2ヶ月目3ヶ月目~4ヶ月目5ヶ月目
46,297円35,581円34,034円32,487円30,940円
6ヶ月目7ヶ月目8ヶ月目9ヶ月目10ヶ月目
29,393円27,846円26,299円24,752円23,205円
11ヶ月目12ヶ月目13ヶ月目14ヶ月目15ヶ月目
21,658円20,111円18,564円17,017円15,470円
16ヶ月目17ヶ月目18ヶ月目19ヶ月目20ヶ月目
13,923円12,376円10,829円9,282円7,735円
21ヶ月目22ヶ月目23ヶ月目24ヶ月目25ヶ月目以降
6,188円4,641円3,094円1,547円0円

例えば、契約してから1年以内に解約すると、利用期間によってから合計39,111円から65,297円の違約金が請求されてしまいます。

契約してから2年が経過すれば「まとめてプラン1670」の違約金は発生しなくなるので、WiMAXを2年以上使う人なら問題ありません。

しかし、2年以内に解約する可能性がある人は、PCボンバーは避けたほうがいいでしょう。

PCボンバーと他のプロバイダを比較

PCボンバーのサイトを見ると、WiMAXをお得に提供しているように思えます。

しかし、有料オプションの加入が必要で違約金が高いデメリットがあるので、決してお得とは言えません

他のプロバイダのほうが低リスクでWiMAXを契約することができます。

PCボンバーと他のプロバイダを比較してみましょう。

PCボンバー・他社プロバイダ 比較表

プロバイダPCボンバーBroad WiMAXGMOとくとくBB
月額料金ギガ放題プラン

 1~36ヶ月目:

37ヶ月目以降:4,380円

1~2ヶ月目:2,726円

3~24ヶ月目:3,411円

25ヶ月目以降:4,011円

1~2ヶ月目:3,609円

3ヶ月目以降:4,263円

 

ライトプラン無し

2年間:2,726円

3年目以降:3,326円

3,609円
契約特典 家電製品の代金割引月額料金割引最大34,000円キャッシュバック
違約金

1年目:19,000円+まとめてプラン1670

2年目:14,000円+まとめてプラン1670

3年目: 9,500円

1年目:19,000円

2年目:14,000円

3年目以降:9,500円

2年目まで:24,800円

3年目以降:9,500円

特典を重視するならGMOとくとくBBがベスト

WiMAXをお得に契約するなら、GMOとくとくBBがベストな選択肢です。

GMOとくとくBB WiMAX2+メリット・デメリット。口コミから徹底検証。

 

GMOとくとくBBでWiMAXを契約すれば、最大で34,000円のキャッシュバックをもらうことができます。

有料オプションに加入する必要もないので、月額料金が高くなる心配もありません。

Broad WiMAXで割引を受ける方法もあり

Broad WiMAXも有力な選択肢となるプロバイダです。

BroadWiMAXのメリット・デメリット。本当に格安か検証。

Broad WiMAXは月額料金の大幅割引が売りとなっていて、通信費を大幅に安くすることができます。

安い利用料金でWiMAXを使いたい人なら、Broad WiMAXを選ぶといいでしょう。

まとめ

PCボンバーでWiMAXを契約すれば、セットで購入する家電製品を50,001円割り引いてくれます。

家電製品の買い換えなどを考えている人なら、PCボンバーは魅力的な申し込み窓口のように見えてきます。

しかし、有料オプションの加入が必須なので、それほどお得ではありません。

家電製品の購入を考えている人でも、他社のプロバイダを選んだほうがいいでしょう。

例えば、有料オプションに加入する必要がないGMOとくとくBBで契約して、キャッシュバックを家電製品の購入費用に充てたほうが無難です。

PCボンバーに限らず有料オプションに加入させられる窓口は多いので、WiMAXを契約するときはデメリットとなる条件がないプロバイダを選びましょう。

WiMAXのプロバイダ選びで総額3万円の差が出た

WiMAXは基本的にどれもエリア、通信速度などは変わりませんが、選ぶプロバイダによって大きく料金が変わってきます。

管理人の私も総額3万円以上、支払い金額を安くすることに成功。その経験を元に有名WiMAXプロバイダを徹底解剖し、本当にお得なプロバイダを比較しました!

WiMAXのプロバイダ選びに悩んだ際は、ぜひチェックしてみてください。

【2019年】WiMAXプロバイダ総合ランキング

WiMAXを目的別で契約するなら

-WiMAX プロバイダ一覧

Copyright© WiMAX比較隊!初心者にもおすすめのプロバイダランキング , 2020 All Rights Reserved.