WiMAXコラム

WiMAX2+の契約でパソコンがプレゼントで貰えるキャンペーンの注意点

パソコンでWiMAXのネット回線を使いたい人や、これからパソコンでネットを使いたい人は

「WiMAX内蔵型パソコン」

「WiMAX2+のパソコンプレゼントキャンペーン」

このどちらかを購入を考えている人は多いのではないでしょうか?

WiMAX内蔵型のパソコンはモバイルWi-Fiルーターを用意する必要がありませんし、パソコンプレゼントキャンペーンはWiMAX2+に契約しただけでパソコンが貰えるので、どちらも魅力的ですよね。

しかし、WiMAX内蔵型パソコンとWiMAX2+のパソコンプレゼントキャンペーンはどちらも多くのデメリットがあり、メリットはほとんどありません。

そこで、ここではWiMAX内蔵型パソコンと、WiMAX2+のパソコンプレゼントキャンペーンのメリットとデメリットを詳しく解説します。

WiMAXのネット回線でパソコンでネットを使いたい人は、参考にしてくださいね。

WiMAX内蔵型パソコンは絶滅危惧種

WiMAXはモバイルWi-Fiルーターの他に、WiMAXの通信機能が内蔵されている「WiMAX内蔵型パソコン」を展開しています。

WiMAXの通信機能が搭載されているパソコンなら、本体の購入と回線の契約が同時に行えるうえに、面倒な設定をせずにパソコンでネットが使えます。

しかし、現在はWiMAXの機能が内蔵されているパソコンを購入するメリットがほとんどありません。

WiMAX内蔵型パソコンは旧の回線対応モデルしかない

WiMAXの回線は

  • 旧型の「WiMAX回線」
  • 新型の「WiMAX2+回線」

の2種類があります。

現在、WiMAX内蔵型パソコンは旧型のWiMAX回線に対応するモデルしかなく、快適にネットができる代物とは言えません。

旧WiMAX回線は利用エリアが狭くなっている

「旧型の回線でも、データ量はそこまで使わないから大丈夫だろう」と思う人はいるでしょう。

しかし、旧型のWiMAX回線には1つ大きな欠点があります。

それは、通信エリアの狭さです。

WiMAXの通信サービスは、回線の基地局を新型のWiMAX2+回線で利用するために、旧型のWiMAX回線の提供エリアを日々縮小しています。

このことが原因で、現在はWiMAX回線でネットが利用できるエリアがとても少なくなっています

よって、今WiMAX内蔵型のパソコンを購入したとしても、快適にネットが使えるとは言えません。

それどころか、ネットを使える場所が見つからずストレスが溜まる可能性が高いです。

2014年夏以降は新モデルがない

WiMAX内蔵型パソコンは2014年の夏モデルを最後に、それ以降は新しいモデルを発表していません

よって、現在WiMAXが内蔵されているパソコンを手に入れるのは非常に難しくなっています。

Amazonなどで探せば、中古でWiMAX内蔵型パソコンを購入できることがあります。

しかし、中古で購入するパソコンは以前の所有者の癖が付いていたり、寿命が長くないなどのデメリットがついてまわるためおすすめできません。

WiMAX2+を契約するとパソコンがもらえるキャンペーン

WiMAX内蔵型パソコンを利用するメリットがないので、次はWiMAX2+を契約するとパソコンがもらえるキャンペーンが選択肢に上がります。

WiMAX2+を契約するとパソコンが貰える窓口

WiMAX2+を契約した人にパソコンのプレゼントや、格安価格での販売を行っている窓口は

  • オンラインショッピング
  • 家電量販店
  • テレビorラジオショッピング

この3つがあります。

オンラインショッピング

楽天市場などのオンラインショッピングサイトでは、WiMAX2+を契約した人へパソコンやゲーム機などが無料や格安料金で提供している店舗があります。

家電量販店

ヨドバシカメラやケーズデンキなど、家電量販店で契約できるWiMAX2+のプロバイダは、特典としてパソコンのプレゼントや本体代金の割引キャンペーンを頻繁に実施しています。

テレビorラジオショッピング

テレビやラジオショッピングで有名なジャパネットタカタは、プレゼントまでとはいきませんがWiMAX2+を契約した人へ最安100円でパソコンやタブレットを販売しています。

WiMAX2+を契約してパソコンをもらうデメリット

WiMAX2+を契約してパソコンが無料で貰えたり、格安価格で購入できることはとても魅力的に見えます。

しかし、月額料金などを見てみると、メリットが見当たらないどころかデメリットばかりが隠れています。

普通にWiMAX2+を契約するよりも料金が高い

WiMAX2+の契約特典としてパソコンを無料や格安料金で手に入れる場合、必ずと言っていいほど従来より月額料金が高くなります

従来通りにWiMAX2+を契約すると、以下の料金になります。

従来のWiMAX2+月額料金

プラン1ヶ月目~2ヶ月目3ヶ月目以降
ギガ放題プラン3,696円4,380円
ライトプラン3,696円3,696円

例えば、某ショッピングサイトで46,297円弱のパソコンを無料で手に入れると、WiMAX2+の月額料金は2年間は高くなります。

パソコンプレゼントキャンペーンによるWiMAX2+の月額料金一例

プラン1ヶ月目~2ヶ月目3ヶ月目~24ヶ月目25ヶ月目以降
ギガ放題プラン5,243円

5,927円

4,380円
ライトプラン5,243円5,243円3,696円

月額料金が高い理由は、WiMAX2+の利用料金の他に「まとめてプラン」のオプション料金がプラスされていることです。

上記の料金の場合、WiMAX2+の料金の中に「まとめてプラン」のオプション料金1,547円がプラスされているのです。

違約金が高い

さらに、パソコンのプレゼントキャンペーンは、WiMAX2+を2年以内に解約すると従来の違約金とは別に、「まとめてプラン」の違約金も請求されてしまいます

WiMAX2+ 違約金

1年目19,000円
2年目14,000円
3年目9,500円
4年目以降9,500円

まとめてプラン 違約金(46,297円のパソコンを無料でもらう場合)

購入月2ヶ月目3ヶ月目~4ヶ月目5ヶ月目
46,297円35,581円34,034円32,487円30,940円
6ヶ月目7ヶ月目8ヶ月目9ヶ月目10ヶ月目
29,393円27,846円26,299円24,752円23,205円
11ヶ月目12ヶ月目13ヶ月目14ヶ月目15ヶ月目
16ヶ月目17ヶ月目18ヶ月目19ヶ月目20ヶ月目
13,923円12,376円10,829円9,282円7,735円
21ヶ月目22ヶ月目23ヶ月目24ヶ月目25ヶ月目以降
6,188円4,641円3,094円1,547円0円

パソコンの本体代金はオプション料金として分割になっている

多くの人は、これを読んでパソコンが無料で貰えるのにWiMAX2+の料金が高くなることに納得できないでしょう。

これには、大きなカラクリが仕組まれています。

パソコンのプレゼントキャンペーンは、名目上は「プレゼント」と謳っています。

しかし、実際は「まとめてプラン」というオプションとして、プレゼントするパソコンの本体代金を分割で回収しているのです。

また、契約期間の間に解約をしても、違約金を高く設定することでパソコンの代金を回収できるようにしています。

よって、WiMAX2+を契約してパソコンが無料や格安価格で手に入るキャンペーンは、本当は無料でも格安価格でもありません

契約期間が長くなっている

本来、WiMAX2+は契約期間を

  • 2年
  • 3年
  • 4年

この3つから自由に選ぶことができます。

しかし、パソコンのプレゼントなどのキャンペーンは、契約期間が強制的に3年間になってしまうことがほとんどです。

よって、2年以内に解約する可能性がある人は、デメリットしか感じません。

パソコンのスペックが高くない

さらに、WiMAX2+を契約して手に入るパソコンは、そこまでスペックが高くありません

ウェブサイトの閲覧や動画視聴ぐらいであればこなせますが、ExcelやWordなどのファイルや動画の編集をすると動作が重くなってしまいます

WiMAX2+のパソコンプレゼントの注意点

WiMAX2+を契約してパソコンが貰えるプレゼントキャンペーンは、落とし穴ばかりが仕掛けられています。

このようなキャンペーンを目にしたときは、以下の点に注意してください。

月額料金

WiMAX2+のパソコンキャンペーンはプレゼントや格安販売と謳っていながら、実際はオプション料金という名目で本体代金を分割で回収しています。

よって、契約特典にパソコンのプレゼントや格安販売があるときは、WiMAX2+の月額料金がいくらなのかを見てみましょう。

違約金と契約期間

契約特典としてパソコンが無料か格安で手に入るキャンペーンは、違約金が従来より遙かに高くなっているうえに、契約期間を自由に選ぶことができません

よって、このようなキャンペーンを見つけたときは、設定されている違約金と契約期間を確認するべきです。

パソコンのスペック

契約特典として手に入るパソコンは、スペックがそこまで高くないことがほとんどです。

WiMAX2+を契約してパソコンが貰えても、実際はそこまで快適に使えない機種だったということも珍しくありません。

よって、契約を検討するときは、特典として用意されているパソコンの性能がどれほどなのか確認しておきましょう。

まとめ

WiMAX内蔵型パソコンは利用できる回線が旧型となっており、2014年の夏以降は新モデルが発表されていないので、今から使うメリットはほとんどありません。

WiMAX2+を契約してパソコンが無料や格安で手に入るキャンペーンも、実際はオプションという名目でパソコンの代金を分割で回収される仕組みになっています。

さらに、特典として用意されているパソコンもスペックが低いことがほとんどです。

よって、パソコンでWiMAXの回線を利用したネット通信がしたい人は普通にWiMAX2+を契約して、別でパソコンを購入したほうが良いでしょう。

WiMAXのプロバイダ選びで総額3万円の差が出た

WiMAXは基本的にどれもエリア、通信速度などは変わりませんが、選ぶプロバイダによって大きく料金が変わってきます。

管理人の私も総額3万円以上、支払い金額を安くすることに成功。その経験を元に有名WiMAXプロバイダを徹底解剖し、本当にお得なプロバイダを比較しました!

WiMAXのプロバイダ選びに悩んだ際は、ぜひチェックしてみてください。

【2019年】WiMAXプロバイダ総合ランキング

WiMAXを目的別で契約するなら

-WiMAXコラム

Copyright© WiMAX比較隊!初心者にもおすすめのプロバイダランキング , 2020 All Rights Reserved.